大野真吾の♪魅惑のBAR COUNTER♪

♪魅惑のBAR COUNTER♪

181429
いつも独りカウンターであ~でもない・・・こ~でもないと想いを巡らせてますよ(^^♪時々隣に腰掛けてみて下さい。つまらない話に耳を傾けて・・・話し相手になって下さいね!あなたのおいでをお待ちしております(^_-)-☆
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Traces of my Heart - ShingoMail

2019/07/15 (Mon) 07:49:58

腹八分 医者いらず なる諺を僕の祖父は毎食の度にそれを云うので、まだ子どもだった時の僕は食事の度にそれを聞くと不満足腹八分に、「 ご馳走様〜 」囁くように告げる。

祖母は、育ち盛りの男の子はたらふく食べなさいと云い、その狭間でやはり 子どもの心は自らを満たしたい気持ちに同調してくれる祖母に慣ついていたようだ。

幼い頃は、週末に隣町にある東村山の祖父母の家に大概 父の車で出向いてました…。

先程、現在飼育中の熱帯魚に餌をやりながらフトそんな事を思い出していたのです。
小さな水槽の中にも、エサやり時に小さな生き物社会が垣間見れる〜 大きく威圧感のあるが鈍重な魚と集団ですばしこく餌を啄む小魚達。
眺めているとその様々が楽しい〜
だから 魚達が飽きるまでやってしまうのです。

自分にも照らし合わせてみる。

人にとってはきっと全ての生き方の中に100パーセントの幸せ等はあり得ない… 漠然とした答えが浮かび上がるが、それが祖父の食事時に云っていた ‘ 腹八分医者いらず ’ なのだろうか? 僕はいつも腹と心持ちを満たしていたいと思い過ぎるきらいがあるが故に 時として心のあそびを失い続けていたのかもしれないな。

食い過ぎ飲み過ぎで、苦しくて吐き出してしまうより気持ち腹八分なる心のゆとりを持つ生き方、これが実直な生き方なのだと、僕が今更になって気づいても 遅いのであります。






私は光を見た - ShingoMail

2019/07/11 (Thu) 02:04:16


東京から、和也君の懐かしい声を電話越しに聞いたのは、札幌がもう冬が終わりつつ、春めいてきた頃でした。

和也君とは、10代後半よりジャニーズ事務所から売り出した ‘ 男闘呼組 ’ のスターメンバーです。

… 30年前くらいになるでしょうか。
新宿でマローネ(country live bar) を営む彼の父の店で、僕が弾き語りで歌わせて頂いてた頃。
僕も未だ20代前半でした…。

その後も高橋和也として、舞台や映画で活躍を続けています。

そして長い年月を経てのお喋りは心地よく楽しいもの、そしてお話の内容はというと、「 札幌で一緒に真吾さん、ライブやりませんか⁉︎ 」

何とも嬉しい話ではないですか〜 日程的にも問題なく、喜んでOKしました。
実際のそのコンサートの企画話は、札幌中心に活動する ‘ The ranch ’ のバンド結成周年ライブから始まった話だったのですが、僕もcountry歌手として参加させて頂ける事になったのです〜。

で、そのコンサート前夜 和也君のリハ後の再会でした。
互いにある意味で楽しさに猪突猛進タイプなので、気がつけば、何件かススキノを回り 明日はコンサートなのに、気がつけばもう朝でした…。

さての本番コンサート♫

僕はゲスト歌手だったのでそんなには曲数はなかったが、バックを務めて頂いた ranchの皆さんとも心地よくステージは進行し、そして 和也君です。

舞台 ハンクウィリアムス物語 のハンクを演じた彼を彷彿する様な舞台衣装にギター姿が流石、絵になっていました。

僕は長い年月を経ての高橋和也のステージに胸が熱くなり、様々な想いを交錯させました。そして感動を随分と頂いた。

偉大なcountry singer を見た。きっと、I saw the light …確かに見た。
別れ迄の三日間が、とても短く思え…楽しい時間はすぐ過ぎる〜 有意義な再会でした。




旅先の歩み - ShingoMail

2019/06/19 (Wed) 17:05:18

蕎麦… 通の方には申し訳ない。
僕は立ち食い駅そばファンです。

おそらく多くの方方々がお好きでしょうね
決して年がら年中 立ち食い駅そばを心には置いて居ないが、 駅の地下道やホーム その現場に漂うあの香り匂いには これにはしょっちゅうやられました。 高校の頃から 天玉蕎麦、時折コロッケ蕎麦を威勢の良い店員さんより頂きました。

いつも腹減りで蕎麦を啜ってたから とても美味しかった。


札幌では、市営地下鉄しか普段は利用せず 、JRの札幌駅地下で、食べられた時は嬉しかった。

帰京する際には、笑われるかもしれないけど、僕はそーいった Bグルメが好きで、先ずは品川駅構内で時間調整する際に、ビールと中華丼が定番です。
中華丼の餡については僕は塩好みです。随分昔に中華丼を頼んだら、醤油系餡 それはそれで美味しいけど 僕はやはり塩餡の中華丼を好む訳で… わざわざ塩餡かけ中華丼作って頂いたのです。


そして又、次にその空港食堂で行くたびに、有難いと言うべきか 僕は空港で大概時間をもて余せて同じメニュー 中華丼とビールを頼むと、変わらず 塩餡かけです。

そして、旅の最後に、札幌駅で天玉蕎麦を頼むのです。

夏風の誘い - ShingoMail

2019/06/09 (Sun) 04:22:48


九月の東京方面への演奏旅行は 全行程10日程になりそうです。
何が楽しみか? …やはり友人との再会、そして未だ見ぬ出会いの人々との交流です〜 しかし乍ら若くしてカントリーミュージックの世界に足を踏み入れたので、お客様は圧倒的に僕より年配の方々が多く、ほとんどが夜間に行われるライブハウスのステージには頑張っていらっしゃる方が多くあると思われます。

東京含む埼玉、神奈川、千葉等 日本地図上で見れば近隣の都市圏に映りますね。
札幌を取り囲む小樽、苫小牧、旭川よりも、ずっと近くには感じてしまうと思うのです。

が、しかし 混雑した東京都内に入るにはそれ相当な苦痛を生じさせるのは、出身者としても理解してるつもりです。
ライブに来てくれるお客様がほぼ僕より年配の方々という事を危惧すると共に、元気なお顔でカントリーミュージックを楽しんで頂きたいと思いつつ 次回演奏旅行の計画を立てていました。


話がコロッと変わりますが、ここ札幌の市街地でも昔乍らの銭湯が、以前には歩いて2分の地にありましたが、今や銭湯は見かけず。
ドーンと湯に浸かりたい時は、少し遠い健康ランド的風呂屋に行っています。

こないだ僕の横で洗髪していた白髪のお爺さんが〜
コロッと、あの小さな洗い場の腰掛けから倒れました。
本人は泡だらけの頭のまま 恥ずかし笑笑でしたが、フルち◯です。
そこが銭湯だったから周囲の皆さんも、風呂屋エコーの効いた カタ〜ン‼︎音には反応し、此方に目線を向けたが 誰もただそれだけで、しかも笑いの1つも無し。

唯一 隣の僕だけが、笑って 「 後頭部大丈夫ですか?」と尋ねました (°▽°)

* 9月の演奏旅行は先と言えばそうですが、月日はすぐに過ぎ気がつけばもうすぐになります。
その頃に又スケジュールをお知らせ致しますが、どうぞ皆様方には、この夏を謳歌し楽しい記憶を巡らせて頂きたいと思います。♫

心地の良い午前の風 - ShingoMail

2019/06/07 (Fri) 11:49:09

まだ、朝夕は涼しげな風が差し込む今日この頃です♫

もう北海道に居着いてどれほどの年月を経たのだろうか〜
ナッシュビルから不本意な気持ちを背負っての帰国後からであります(°▽°)
以前よりこの地の季節感で感じ得るのは、四季の在り方が極端に変わり行くのが理由かどうかはわからないが〜実に早く感じる。
同時に歳を取るのも早く感じるのです…

さて、今日の目覚めの朝は 1日の流れを頭で追う、スマホをチェックすると長崎からのメッセージが。
女性の方だった〜 僕の記憶の中にある長崎を巡らすと、以前ライブにお呼び頂いた ‘ country road ’ …そして港での釣りと好物であります長崎チャンポンでありました。
チャンポン発祥の土地柄 数多くの店があり、僕もあらかじめ下調べをしたのですが、地元の方々はこぞって有名チェーン店 リ◯ンガーハ◯トの名を告げたのには、何だか(о´∀`о)… 長崎の人だからといっても年がら年中チャンポンを食べて、味の善し悪しを研究している訳では無いのです。
自分自身にも置き換えてみれば、数多の北海道外の方々から、 どこか美味い札幌ラーメンを紹介して欲しいと頼まれたが、ラーメン好きの自分としても其々個人の好みなんかもある訳で即答しかねるから、安直に無難なラーメン店を紹介したりしてました。( スープカレー店も然り)

長崎の方々が、リ◯ガーを紹介するが如く僕も並んで迄啜るラーメン店ではなく無難なドサ◯コラーメンなんかを紹介した事があります。

何だか 昨夜はあまり胃にモノを入れなかったから小腹すいた〜 近所の中華レストランチェーンのラーメン餃子ライスセットでも食べに行ってみょうかな〜 (°▽°)



Re: 心地の良い午前の風 - ShingoMail

2019/06/07 (Fri) 14:12:10

Dr. John に献杯

涼風の深夜にて - ShingoMail

2019/05/31 (Fri) 02:16:31

歳のことばかり恐縮ですが (*゚▽゚*)

夜もひと通り活動が終わり、一人で部屋のみ なんぞをしておりますと、昔聴いた音楽などを聴きながら…未だ独り言などは(*´Д`*)✖︎致しませんが… 昔のことを思い出しそれを肴に呑んでいるような、それを歳のせいだと簡単にはまだ言えませんね。
しかし、こんな夜に聴きたくなる音楽は、ここ迄の自分の人生を支えてくれた〜 そんな曲です。

今も又 外界は朝への生命活動を開始しましたね

今日が又いい日になりますように。

楽器車は中華屋へ - ShingoMail

2019/05/26 (Sun) 03:58:12

もう30年程前になりますか〜 懐かしく思い出される米軍基地ライブ。
日本全国に展開する基地です。様々に社会問題には変わらずなってる今でも…。

東京近郊の一晩で帰れるベースは、横田、横須賀、横浜、厚木、東京からは更に遠いがキャンプ富士… それ以外にもまだ在りますが、週末は大概は米軍基地に赴いておりました。

カントリー界の先輩、金平隆さん率いるテキサスカンパニー時代からの話ですから、あら もう30年以上前からの話ですね〜

行きはメンバーと各所で待ち合わせ、少しの長旅です。
あの頃はみんなでよく笑ったなぁ (´∀`*)

大抵 45分の5回ステージ なものだから、気負いもメンバーそれぞれにあったかと思います。

行きは僕が楽器車を運転する、帰りはメンバーの誰かに運転を頼んでました。
これは金平隆さんがそうしてましたので、僕も後のバンドではその様に〜

何故なら分かりやすい話ですが、酒飲んで帰れるからですか (^∇^)当時のバンド皆さんありがとうございました。

帰りは横須賀だと、白人店主が営む国道海沿い小さな中華屋。 何を食べても美味しかったけど僕がハマったのはダーロー麺、タンメンを餡掛けにしたスープラーメンです。
今、札幌にいてあれを無性に食べたきなる時があるのですが、近くの暖龍や街中の中華屋でそれっぽいものをオーダーするが、あの横須賀で食べたダーロー麺とは、どうにも違う…

歳をとった性かもしれない (=´∀`)

昔のあの頃は、メンバーに申し訳ない程 食事停車の際は自分の好みばかり付き合わせた事を謝りたい。

あれだけ1日がかりのライブ後、みんな若かったから腹も相当減ってた筈なのに、ラーメンばかりを付き合わせていました。

Re: 楽器車は中華屋へ - ShingoMail

2019/05/26 (Sun) 04:23:58

*入り口の基地ゲートで、中に入る手続きをしなければならず、基地内は治外法権ですからね
で、バンド名を記入します。
大抵、兵隊は笑ってました(´∀`*)

catfish creak (ナマズ川)
turkeys (バカのろま… 七面鳥 )

もう 朝だ 眠りにつかねば - ShingoMail

2019/05/05 (Sun) 06:28:04

眠りにつく前に… 僕は、鄙びた田舎の小屋に居ることを妄想します。
少しすると、子供時に嗅いだ草いきれの香りなどが脳裏を纏い夢の中にゆっくり…ゆっくり 入り込むのです もう言葉は要らぬ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

希望の朝に - ShingoMail

2019/05/03 (Fri) 03:53:56

もう今更…(^.^) と、いう具合の僕の不規則な生活形態の在り方。
少し仕事が遠のくと、就寝起床の時間に自己管理がおぼつかずに好きな時に好きな様にしているから、現在もまさかの午前一時に起床。
僕にとっての朝食を終えて一休みしている とても妙な状態です ( ̄∀ ̄)

野生動物だって、それぞれの育んだ生活のリズムを元に行きて来たのだから、自分自身も仕事が不規則であってもある程度の規律は持って行きねば(^-^) と、思いつつもやはり今もこうして、こんな深夜に自分なりの朝食を食べて朝待ちをしているのです。

かつて昔に、二度程 知り合いより山間修行の誘いを受けた事があり、少し心が動かされた事があります…。

しかしその頃は音楽の活動が忙しく丁重にお断りしました。
一つは政党掲げる宗教団体。
もう一方は、… 先ずは七日、富士の裾野に自己鍛錬に向かおうではないか( ◠‿◠ ) の宗教団体でした。

音楽の仕事がその頃に忙しかったお陰で僕は何方とも関わらぬ儘に現在の時を過ごして居りますが、これはこれで僕の人生の在り方なのでしょうね。

☆キリギリス教

蝦夷山桜 - ShingoMail

2019/04/30 (Tue) 04:28:59

花見…といえば、現在僕も56年も生きては来ましたので、沢山の記憶はあります。
大概が池のほとりに多くそんな場がありましたね。

一番記憶に古い花見は多摩湖でしょうか… 僕の祖父母が東村山に住んでいたので、あの当時は親戚一同が集まって綺麗な桜の樹の下で 貴重な1日を楽しんでいました。
何方か知らない人も加わっていたり…

一年の中で特別でしたね。

そして、随分と桜の季節を迎えるにあたり、様々に花見体験を得まして、気がつきゃ 自身も歳を重ねた訳です。

桜の木々は、特別な事がない限りずっと同じ土地に根を張り毎年一度ある期間だけ花を咲かすのだから、なんとも素敵で古来より愛でられているのですね。

札幌の花見シーズンは今が良いらしい、ただ長く桜を愛でるには、防寒着は必須です(´∀`*) しかし此方の桜は意外に大木に花をつけピンクが濃く東京方面のソメイヨシノとは少し趣きは変わります。
桜を女性に例えると逞しい蝦夷女… ( すいません無責任に自己的な感想です)

明日、天気良かったら中島公園辺り 桜散策しょうかな〜

Re: 蝦夷山桜 - ShingoMail

2019/04/30 (Tue) 06:44:05

追行 … 今夜0時より平成から令和時代に変わります。

昭和 平成 令和と三時代を生きられた事を有り難く心に刻みます。




Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.