大野真吾の♪魅惑のBAR COUNTER♪

♪魅惑のBAR COUNTER♪

172300
いつも独りカウンターであ~でもない・・・こ~でもないと想いを巡らせてますよ(^^♪時々隣に腰掛けてみて下さい。つまらない話に耳を傾けて・・・話し相手になって下さいね!あなたのおいでをお待ちしております(^_-)-☆
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - ShingoMail

2018/05/25 (Fri) 10:20:23

明日、5/26(土)
札幌 ススキノ6〜6 第六旭観光ビル3階

♫ サニーズバー ライブです (о´∀`о)

℡0115129725

開店= 19:30 演奏= 20:30〜

country music お届けします。

駅ソバ考 … - ShingoMail

2018/05/25 (Fri) 09:38:02

前回にここに記した 数々の駅に在る 立ち食い蕎麦屋さんの話… 結構マニアックな 経験を元に書きましたが、 こんな朝方に私は、それに脳と胃が反応して 欲する現在です。

私の住んでる駅近辺には 立ち食い蕎麦屋はありません。
ススキノ迄出れば24時間営業の店に立ち向かえれるが…

立ち食い蕎麦屋に食べる事だけに執着すれば、少しセコイ話しです。
駅まで歩く労力と何だか高く感じる地下鉄往復代を考えると、食べには出れません。

やはり、自分の移動時に 駅での待合などにタイミングよく鼻下んをくすぐってくれた時の幸いの即席メニューと、私は感じるのです。

そして、旅情を感じたりもします。

以前に奇怪な、東京の 立ち食い蕎麦紀行を 書きましたが、
僕はマニアックなファンではないので、こだわりの製麺所とか、出汁がどうのこうのとも 説明も出来ません。

皆さん ほとんどの方が かつて利用されていたのではないでしょうか (´∀`=)

私のデビューは、小学三年でした。
母が弟を身籠り 当時確か 170円のカントリーラーメンか… 当時 160円の かき揚げ蕎麦を駅の階段途中の立ちで食べたりした 記憶が微笑ましく私の記憶の部屋にあります。

道南でバンドを演ってる方より立ち食い蕎麦のネタ話を頂いたら、何だかやっぱり 魅惑のバーカウンターになってしまいました。 外は晴天 ♪( ´▽`)

腹減りの時には 駅で立ち食い蕎麦を食べる。

私は、基本 天玉ソバ 、狸、キツネ蕎麦、あればカレー蕎麦も時折に頂きます。

日本のありがたい 一角ですね… 。

記憶の中の夕焼け - ShingoMail

2018/05/22 (Tue) 17:17:45

音楽を通して出会った皆さんについては、最早 数え切れない… そして そこには感謝の気持ちがいっぱいあります。

友人達とも、やはり随分と昔から音楽が要となり出会ってきた訳ですから。

とても有り難く思い感じています。

今日は 札幌も夏到来の陽気 (´∀`=)
夕刻よりの予定もなく、目覚め来 陽の暖かみを得ていたら、コーヒーで始まった1日が 現在 ビール缶に変わってます (о´∀`о)

つい二週間ほど前までは、この時間はもう夜の始まりだったのに、現在はまだまだ太陽は高く緑の森を照らしてる。

太陽の光の分配は球体地球皆平等に思えます。

日本の中でも北海道は極端に思えるくらい 春夏秋冬のサイクルと日照時間の差に違いがあるけど、なんだかそれが楽しいな〜

もっと語れば、北極や南極 その近隣の国では極端ですよね
白夜がずっと支配したのちには、ほぼ 夜の暮らしが待ってます。
アラスカには、その季節に合わせて 24時間営業のバーが出現するらしい。

まるで、蜃気楼ですね。

目覚めても夢の中…


さて、明日 5/23(水)

‘ ファニー ’ で歌います。

札幌市中央区南5西2 美松村岡ビル 7階
℡ 0115520477
開店= 19:30 開演= 20:30〜

♪( ´▽`) 起こしをお待ち申し上げます!


* 現在、17:15 未だに 青空の心地よい陽の下にこの街はあります *

記憶の中の 朝焼け - ShingoMail

2018/05/22 (Tue) 00:37:16

かつてご一緒頂いた、バンドの皆さん… お元気でいらっしゃるか、勝手に気がかりに思う事があります。

私自身が東京を離れ早20年の暮らしを経ましたが、時折歌いに訪れる彼の地では、country live ハウスに訪れるお客様の姿も随分と変わりました。

それでも久しぶりにお会いするお客さんとの再会は嬉しいですね。

サム石原さん お元気ででしょうか?
東京に戻った際など、色々な方に所在をお尋ねしましたが、何故か彼を知っていても、連絡先等は分からず
こんな時代に関わらず、私にも知る術なし。
不思議な関係を保ってきたものです… 。

どなたか現在をご存知の方がいらしたら お知らせ頂けると嬉しいです。

赤坂や六本木ライブ後、しょっちゅう 新宿辺りで待ち合わせして朝陽を拝んだ仲であります。

昭和16年の生まれだそうで、私の亡き父と同学年 (^.^)

相性が合っていたかの様、勝手に私は思い出すのです。

二人で、朝陽をよく拝みました… 。

又、会いたい。

星の明かり… - ShingoMail

2018/05/20 (Sun) 01:47:16


ようやく一息ついて、落ち着きました。
THE Ranchの皆さん ありがとうお疲れ様(´∀`=)

今夜は、彼らのお誘いで 札幌北の方 STAR LIGHT でのゲスト出演でした。
お客さんも、ステージから眺めると幸せそうな笑顔を浮かべていた。
心地よい夜のLIVEでした (о´∀`о)

図らずもあり得た過去 - ShingoMail

2018/05/19 (Sat) 03:04:58

こーして 夜もふけ NHKの番組は モンゴルの草原で暮らす人々を映し出す 馬にまたがり 少年から老人に見受けられる人がみんな青空のもと元気にいらっしゃる。

僕の初恋の人は、アリサさん。
帯広出身でお父様の転勤で東京に家族で来られました


貴女が勧めてくれた小説を何冊も頂き読みました…うん。

モンゴルとは関係ない話に移りますが、彼女は小説を若い中学生の頃より数多く書房しておりました様でした。
彼女に勧められた本は ‘ 狭き門 ’ 物語の主人公はアリサ


帯広でライブがあった際に、もう感動の再会が叶いましたが、互いに連絡先交換がなかったことが返ってよかったのかもしれない (*´-`)

もうGgの歳になりましたね、キツネは近所にいますか?

清瀬東高校 懐かしいね

僕は君を裏切ってしまった。

陽だまりの中で意識を失くしてしまい
このまま死ぬまでカントリー歌手でいる様な気がするのもいいのだろうか… あれからずっとゴメンね

まだ旅を続けている様な寝起きの錯覚もあり得て損な気落ちをする事など無いし。

少しだけ酔ってる様な気がします。
過去にタイムスリップする嘘の無い自分がいます。


Re: 図らずもあり得た過去 - ShingoMail

2018/05/19 (Sat) 03:37:12

今夜、THE Ranch と、札幌北24条 スターライトでのLIVEです ♫

Re: 図らずもあり得た過去 - ShingoMail

2018/05/19 (Sat) 05:00:42

いや、陽だまりの優しい風の中に私は今も住んでいる

キツネが叫ぶ - ShingoMail

2018/05/18 (Fri) 01:48:12

さーて 今夜はこれでお開きにしようと
以前ライブに伺い、そして頂いたヒッコリーウインド ‘ ペンションです’ で頂いた大事な焼き物カップを一飲みして、ソファに腰掛け気持ちのいい時…

キャうきゃう!きゃっ!の外音に、思わず窓を開けると、キツネ同士の戦いを見た。

驚いたが、かなりの戦い 片方は耳元噛んで離さない。
もう一方のキツネはバタつきながら前脚で防戦!

結果、離れてそれぞれは散ったが、きっと短い夏を見越しての オス同士かメス同士の戦いだったかは分からぬが、

私にとっては、こんな近隣に野生の動物がいてくれるのがとても嬉しいのです。

夏が近づく知らせ - ShingoMail

2018/05/17 (Thu) 14:30:27

風の叫び声に揺り起こされた…

関東で云う ‘ 春の嵐 ’ なのだろう

テレビ点けたら、西城秀樹氏の死去のニュース
特には… は無いけど 寂しく感じました。

今日は普段から心に気を入れてくれる
カウボーイブーツ達を、優しく綺麗に磨いてあげようと思っています。

世の中不思議な混在 - ShingoMail

2018/05/15 (Tue) 16:03:32


先程、リビングの花や野菜に水やりしていたら 当たり前に考えていた自分に自答を返してきた。

傍らに 飼い犬 正男もいる。

観葉植物についても食用植物についても
水やりをしますが、いつまでも元気でいておくれよの心のサインと、早く育って美味しくなっておくれ…

真人間としたら、それが普通に思えるのかな


肉豚牛など を可愛い子豚子牛から手塩にかけて育て出荷する農家さんを僕は ありがたくお心を察します。

懐かしい仲間と会いたい - ShingoMail

2018/05/15 (Tue) 15:23:09

初夏のいい日差しと、好い Couotry music の調べの中で
今日の午後を過ごしてます。

私は、country singer として 生かされている現実に感謝しています。

古くは、中学の頃の週末 父に連れられ出かけた数々の釣り場〜 向かう車中でずっとCouotry musicを聴かされていた。その帰り道中もしかり 眠りながらもcountry music に耳を傾けていたことを思い出して、今一人 マール聴きながら心の中で少し笑い、とても愛おしく父を感じた。

週末になるとcountry music三昧の父に心を同化させてしまった様です(^。^)

すると、それを思い出せば 動じて 古き良き 音楽通じ知り合えた沢山の皆さんに、僕は感謝します。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.